孤独の城を出た日から 2022.9.21 すいごごカフェ 平林小太郎さん(熊谷CIL遊TOピア)

  次第に塞ぎこむようになっていった子ども時代  東京都杉並区で生まれた。3歳の頃から父親とは離れて熊谷で生活。まだ両足があったので、地域の小中学校へ。  ひきこもってた期間があり友人関係はほぼゼロだった。当時の同級生に自分の印象を訊いたとしたら、十中八九しょっちゅう泣いてるような子だったと言うと思う。皆と一緒じゃないこと…
コメント:0

続きを読むread more

HPVワクチンの本当の話 2022.9.14 すいごごカフェ 澤則雄さん(映画製作者)

「HPVワクチン!それでもあなたは、打ちますか? 私たちの声を聞いてください! 子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)被害者は訴える」から   今年の4月に子宮頸がんワクチンに関する作品を作った。最初に作った作品は津久井やまゆり園に関するもの。それから全国で上映会をやっている。  僕自身、2年前まで子宮頸がんワクチンの話…
コメント:0

続きを読むread more

私の家族ー永遠のテーマ 2022.4.13 すいごごカフェ 松山美幸さん(主婦・聴覚障害者)

逃げ場のない暗いトンネルのようだった子供時代  今日は、私が育った家庭のことをお話したい。母親は昭和7年、山形生まれ。母は確かに私を産んだ人だけど…母の話をすると複雑で、温かい気持ちにはならない。すぐに癇癪を起こし、私に当たり散らし、時には理由もわからずに数時間殴られ続けたこともある。本当に怖かったし苦しかった。今もずっと…
コメント:0

続きを読むread more