自立の伴走者達の歴史 2021.12.1 すいごごカフェ 辻彩子さん(べしみ職員)【後編】

前編はコチラ→https://room-yellow.seesaa.net/article/202206article_1.html

~写真を見ながら~

💠野島久美子さんは当時夜間高校に通う女子高生をやってた。学校から帰って来るのが10~11時。私達学生は10時くらいに野島さんちに先に入って、お風呂の用意をして。帰ってくるとお風呂入って、休憩して、仕事するわって言われて、私達は野島さんの宿題をしていた。なんでこんなところで一生懸命英語の訳をやってるのかなと思いながら。でも他の大学の子も交えたBBQを野島さんが企画してくれたりもして。時には大変なこともあったりしたけど、障害があっても自分で暮らしを作っていく、そういうのを間近で見せてもらったなと思う。2001年くらいまでの野島さんちにある介助者ノートをひっくり返してみて、濃い時間を過ごしてたんだなと思い出した。

野島さん2 2.jpg

野島さん.jpg


💠新坂幸子さん。足を座卓の下に投げ出して、背もたれのある椅子に座ってた。夜10時~朝8時で泊まり介助していた。さっこさんは自分で動けないから「寝返り打たしてくんろ」って言われたり、トイレ介助をやってた。さっこさんは不自由な手と指で電話をかけて「いついつ介護入ってくんろ」って、いつも介助者を探してた。買い物が好きだったので、部屋の中でも買い物ができるのは通販だ!って教えたりしたんだけど、結局さっこさんは電動に乗せてもらえば一人で買い物も行ってた。学生でまだ狭い知識しか知らないというのは、その人のことを考えるには足りないんだなって感じたのをすごく覚えてる。

幸子さん2.jpg


💠静佳さんはかわいくて楽しくて大好きだったけど、発作で何回倒れたか。母ちゃんと一緒に病院に行って。そんなことを思い出す。

1しずかさん.jpg

静佳さん2.jpg

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック